MENU

  1. レーザー脱毛トップ
  2. 女性のための脱毛ガイド
  3. 脱毛サロンとクリニックの違いは何?

blog脱毛サロンとクリニックの違いは何?

サロンとクリニックの脱毛には、施術方法を始め異なるポイントがいくつもあります。それぞれの特徴を正しく把握しておかなければ、満足のいく施術を受けることは難しいでしょう。ここでは、脱毛サロンとクリニックの違いについて見ていきます。自分に合った脱毛方法が分からず迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

最も大きな違いは施術可能なメニュー

サロンとクリニックの大きな違いは、施術可能なメニューにあります。下記で詳しく見ていきましょう。

サロンの場合

医療機器が使用できないサロンでは、フラッシュ脱毛を行いますが、このフラッシュで使う機器は、出力を抑えることで医師免許無しでも使用することが可能です。ケアを受けるときの痛みが少ないことがメリットですが、一方で医療用のレーザーよりも機器の照射パワーが弱いという特徴があります。
そのため、毛を生やす細胞へ与えるダメージが少なく、一度の施術で得られる効果が低いので、脱毛完了までに何度も照射を受ける必要があります。また、一旦施術が終わっても、毛が再生してしまう可能性が高いというデメリットもあります。

クリニックの場合

一方、クリニックで使用されるのは、医療用のレーザーであり、毛根を破壊することで脱毛を行ないます。VIOを始めとする部位によっては、若干強い痛みを感じることもあります。痛みに耐えられないと感じた場合は、担当者に相談してみてください。

このように、時間はかかっても無理なくケアを進めたいならサロン、少ない施術回数で確実な脱毛を望むのであればクリニックが適していると言えるでしょう。

トラブル対応に関する違い

肌が弱い人は、トラブルが起きたときの対応まで考慮した施設選びをすることが重要です。下記で、サロンとクリニックの肌トラブル対応の違いを説明しましょう。

サロンの場合

医療機関ではないサロンには、医師がいません。照射をした時、肌に赤みや痒み、違和感があっても、その場ですぐに相談することが難しいでしょう。提携の病院があったとしても、診察を受けるまでに予約をとったりと時間がかかるのが実際のところです。

クリニックの場合

一方、クリニックであれば、その場にいる医師が適切な判断をしてくれるので、安心して施術をしてもらえます。また、最初のカウンセリングで、お肌の状態を診た上で照射レベルと方法を決定するため、肌へのダメージを最小限にとどめることができるでしょう。

カジュアルな雰囲気のクリニックも増加傾向にある

クリニックで得られる効果や安心感は魅力でも、医療機関にかかること自体に抵抗を感じている方もいるかもしれません。ただ、近年では、女性の気持ちを考慮したカジュアルな雰囲気のクリニックも増えてきています。パウダールームの備え付けを始め、待合室や内装にこだわっているところを選べば、サロンに通っているような感覚で通院することができるでしょう。初めて病院に行くまでは不安でも、二度目以降の心理的な障壁は少ないはず。サロンやクリニックという表面的なイメージだけで考えず、実際に行ったときの雰囲気やスタッフの感じを見て決めるようにしてください。

いかがでしたでしょうか? サロンとクリニック、どちらにもメリットとデメリットがあることを理解していただけたかと思います。重視するポイントが異なれば、自分に適した施設は変わってくるもの。医療機関という安心感に重きを置く方には、クリニックで施術を受けられることをおすすめします。

お問い合わせ

初回来院は相談無料です!
お気軽にご予約してください。
専門のカウンセラーが
丁寧に対応いたします。

オンライン予約

24時間いつでもどこでも
リアルタイムで予約ができます!

マイページログイン

PAGE TOP