MENU

  1. レーザー脱毛トップ
  2. 女性のための脱毛ガイド
  3. 脱毛の施術をするには資格が必要?

blog脱毛の施術をするには資格が必要?

脱毛をしたことで「肌に傷が残った」、「ヤケドを負った」などの話を耳にして、施術に対する不安を感じている方もいるかもしれません。ここでは、サロンやクリニックで働くスタッフが取得している免許や資格についてご紹介します。どんな機器を使うにしても、無事にケアを終えるためにはスタッフの技術力が必要不可欠です。安心して施術を受けられる施設やスタッフを見極めるために、参考にしてみてください。

脱毛サロンで役に立つ資格とは?

現在、サロンでの施術には、公的な資格は必要とされていない現状があります。そのため、サロンで使用されるフラッシュ脱毛用の機器は、お店できちんと指導をされたスタッフであれば照射をすることができるのです。

サロンで言うところの技術者とは、日本エステティック協会の定める認定トータルエステティックアドバイザー、認定エステティシャン、認定フェイシャルエステティシャンなどを指すのが一般的です。日本エステティック協会のほかには、IEA国際エステティック協会、国際エステティック連盟などがエステティシャンの技能を認定します。これらは、サロンの技術力を示すことができる資格です。ただし、公的な免許とは異なる民間資格や国内資格だということを理解しておいてください。

クリニックのレーザーマシンは医師免許が必要

一方、クリニックで使用されるレーザー機器は医療用であり、使用するには医師免許が必要とされます。サロンで使用されている機器とは種類が異なっており、医師免許を持たないで施術を行った場合には、当然医師法違反となるのです。
医師の監督のもとで看護師が使用することはできるため、クリニックで施術を受ける際には、毎回のように医師が担当するとは限りません。それでも、万が一のときにはその場で専門科の意見を聞くことができるのが、クリニックのメリットです。
しっかりとした管理体制のもと、施術を受けられる安心感を求めるなら、医療機関での脱毛をおすすめします。

ニードルは高度な技術が求められる

クリニックでの施術として、もう一つ候補として挙がるのが「絶縁針脱毛」。ニードル(針)は、手作業で一本一本の毛穴に針を通していく脱毛方法であり、ただ肌に当てるだけではないため、高度な技術が必要とされます。しかし、しっかりと研修を受けた医師や看護師による施術ならば、安全性も高く安心です。
一部のサロンでもニードルを使った脱毛が行われますが、安全性を重視するなら、医師が常駐するクリニックを選ぶ方が安心だと言えます。

日本医学脱毛協会では、絶縁針脱毛を施術するに当たって必要になる「認定脱毛士」という制度を設け、技術の向上を目指しています。この協会は、皮膚科、形成外科の医師を中心とするメンバーで運営されており、医療機関で安全な施術を実現することができるように資格の認定を行っています。

脱毛の施術に関する資格は、全てが公的な証明ではありませんが、その施設の技術力を図る物差しにはなるでしょう。繰り返しになりますが、医師のいるクリニックでケアを受ける方が、安全性の面で確実です。初めて脱毛に挑戦する方ほど、慎重な判断をしてください。

お問い合わせ

初回来院は相談無料です!
お気軽にご予約してください。
専門のカウンセラーが
丁寧に対応いたします。

オンライン予約

24時間いつでもどこでも
リアルタイムで予約ができます!

マイページログイン

PAGE TOP