MENU

  1. トップ
  2. 女性のための脱毛ガイド
  3. 脱毛前後のNG行為とケア方法

blog脱毛前後のNG行為とケア方法

レーザー脱毛には、施術を受ける前と施術直後にしてはならない「NG行為」があるということをご存知でしょうか? このNG行為を知らないと、納得いく仕上がりが手に入らなかったり、術後に肌トラブルを引き起こしたりすることもあります。満足のいく仕上がりを手に入れるためにも、施術を受ける前にしっかり確認しておきましょう。ここでは、レーザー脱毛前後のNG行為や、脱毛後の正しいケア方法についてまとめてみました。

脱毛前のNG 行為とは?

脱毛をする際に、担当者に見せたくないからと、施術前に念入りに毛抜きでムダ毛を処理して行く人がいますが、毛抜きは絶対にNG! レーザー脱毛は、黒い部分に反応してムダ毛の細胞を破壊する手法なので、毛が全く生えていない状態では施術効果を得られないのです。

レーザー脱毛を受ける際には、施術2〜3日前にT字カミソリなどで毛を剃る程度の処理に留めておきましょう。施術当日は、ムダ毛の毛先が1〜2ミリ表面に出ている状態がベストとされています。

また、脱毛前に極端に日焼けすることもNG行為です。毛の色と肌の色の差がなくなってしまい、レーザーを反応させにくくなってしまう原因に……。日焼けで色が濃くなった肌までレーザーが反応して、やけどを負ってしまう恐れもあります。そのため、レーザー脱毛前は極端な日焼けを避けるようにしましょう。

川崎中央クリニックでは日焼けした肌でも脱毛できる医療レーザー脱毛法がございます。肌の色で脱毛を諦める前に当院までお問い合わせください。

脱毛後のNG行為とは?

施術を受けた当日は熱いお湯での入浴は避け、シャワーで清潔さを保つ程度にとどめましょう。施術部位を強くこするなど、刺激を与えることも厳禁です。刺激の強い成分が含まれている可能性があるため、温泉入浴も避けたほうがよいでしょう。

また、施術後に激しいスポーツなどで、多量の汗をかかないように気を付けてください。雑菌が繁殖しやすくなり、肌トラブルの元となってしまいます。ジムやプールなどは、肌の状態が落ち着くまでは行かないようにしましょう。

そのほか、脱毛後の敏感な肌では、普段使っている化粧品でも刺激となってしまう場合があります。クリニックやサロンで処方されたものがあれば、それを使うようにしましょう。

脱毛後の適切なケアって? もしトラブルになったら?

レーザー脱毛後の肌は、極度に乾燥しています。施術を受けた後は、肌トラブルを避けるために、適切な保湿ケアを行うようにしましょう。特に乾燥する風呂あがりには、クリームなどを塗ってしっかりと保湿することを心掛けましょう。

また、脱毛後に腫れやほてりが続く場合は、冷やすことで鎮静の効果があります。保冷剤や氷などを使って患部を冷やしましょう。ただし、ひどい肌荒れが続く、施術跡が残るなどのトラブルが発生したら、自己判断でのケアは禁物です。施術したクリニックやサロンに相談して、指示を仰ぎましょう。

レーザー脱毛は肌に大きな負担をかける施術。施術前と施術後には、適切なケアをしっかりと行うようにしてください。レーザーの刺激からできる限り肌を守ることで、ムダ毛が無く健康的な肌を手に入れることができるでしょう。

お問い合わせ

初回来院は相談無料です!
お気軽にご予約してください。
専門のカウンセラーが
丁寧に対応いたします。

オンライン予約

24時間いつでもどこでも
リアルタイムで予約ができます!

マイページログイン

PAGE TOP