MENU

  1. トップ
  2. 女性のための脱毛ガイド
  3. 脱毛リスクを知る。~硬毛化って?

blog脱毛リスクを知る。~硬毛化って?

クリニックやサロンで脱毛を行った際、施術前より毛が濃くなったり、固くなったりすることがあります。これは、硬毛化と呼ばれる副作用であり、ごくまれに一部の人に起こるものです。どんなに優れた技術を持つクリニックやサロンでも、完璧にリスクを取り除くことは難しいのが実際のところ。こちらでは、硬毛化という現象の原因と対策について見ていきましょう。

はっきりとした原因は未解明

実は、硬毛化について、そのはっきりとした原因は分かっていません。さまざまな見解があるものの、照射エネルギーが毛を作る細胞を活発化させてしまうことが最も一般的な理由であると言われています。
レーザーもフラッシュも、毛の中に含まれるメラニン色素(黒い色)に反応し、細胞にダメージを与えることで脱毛効果が発揮されます。このとき、細くて産毛のようなメラニン色素が少ない毛の場合、メラニン色素が少ないためにきちんとダメージが与えられず、細胞を破壊しきれないばかりか、かえってその働きを活発にしてしまうケースがあるとのこと。つまり、脱毛を行うための照射が逆に作用して、毛の製造が活性化された結果、施術前より毛が濃くなってしまうというわけです。

硬毛化は産毛の部位で起こりやすい現象

硬毛化が起こる確率は、部位によって異なります。リスクが高い部位として挙げられるのは、産毛が生えている箇所。毛が細く薄い部位ほど、照射光のターゲットになるメラニン色素が少なくなるため、毛根までレーザーやフラッシュが届きにくくなります。そのため、毛根にダメージを与えられず、毛根にある細胞の働きだけを活性化し、硬毛化が起こりやすくなるのです。

代表的な部位としては、うなじや二の腕、背中などがあります。逆に、ワキを始めとする、比較的硬くてしっかりとした毛が多い場所では、トラブル例が少ないと言われています。産毛が目立つ部位の脱毛を希望する場合には、毛が濃くなってしまうリスクがあることを知っておいてください。

毛が増えてしまった場合の対応は

毛が増えたり濃くなったりした場合の対応は、クリニックやサロンにより異なります。照射を続けることで改善が見込めるようなら、様子を見つつ施術の継続が可能。初回で硬毛化といったマイナスの反応が出たとしても、2回目以降は順調に処理が進む方もいるため、基本的には施術を継続する場合が多いようです。ただ、本人の意思や不安などもあるため、担当者と相談しながら、今後について慎重な判断が行われることが一般的です。

レーザーマシンの切り替え検討も

クリニックの場合、数回施術を続けても思うような効果が得られなければ、レーザーマシンの切り替えも選択肢に入ってきます。マシンの種類により、レーザーの波長は異なるため、これを切り替えれば、硬毛化を改善することができる可能性もあるからです。副作用が起きにくい波長とうまくマッチさせることができれば、脱毛がスムーズに進むはずです。

ごくまれなケースであるとはいえ、レーザー照射によって硬毛化が起こることもあるということを、正しく理解しておいてください。施術を続ける中で副作用が起こってしまったら、医師と相談しながら適切な対応をとることが大切です。クリニックと2人3脚で脱毛に取り組む気持ちで、不安なことや疑問点を気軽に質問してみてください。

お問い合わせ

初回来院は相談無料です!
お気軽にご予約してください。
専門のカウンセラーが
丁寧に対応いたします。

オンライン予約

24時間いつでもどこでも
リアルタイムで予約ができます!

マイページログイン

PAGE TOP