MENU

  1. トップ
  2. 女性のための脱毛ガイド
  3. 知ってる!? カミソリでムダ毛処理をするリスク

blog知ってる!? カミソリでムダ毛処理をするリスク

ムダ毛処理をする方法の一つとして最も一般的である、カミソリ。短時間でキレイに処理できることから、毎日のようにカミソリを使用している方も多いでしょう。しかし、カミソリの使用にはリスクやデメリットが伴います。カミソリで処理するリスクやデメリットをきちんと把握して、正しいムダ毛処理を行いましょう。

カミソリによるムダ毛処理の仕組み

カミソリとは、ヒゲやうぶ毛といったムダ毛を処理するために使われる刃物のことで、今では家庭用に安全に作られたものがたくさん販売されています。その刃物を皮膚の上で滑らせることにより、短時間で毛をカットできることから多くの人が利用しています。
しかし、カミソリを使用しての処理は、皮膚から外に突き出ている毛をカットするだけなので、毛根自体に作用する「脱毛」とは異なります。
また、カミソリで毛を剃ると、外部からのダメージや乾燥から皮膚を守っている皮膚の角質まで削ぎ落してしまうため、使用後に肌をきちんとケアしなければ、紫外線といったダメージを受けやすい皮膚になってしまうのです。

カミソリを使用することで起こりうる肌トラブル

カミソリを正しく使用していないことで、肌トラブルを引き起こすことがあります。考えられる肌トラブルは、以下の通りです。

埋没毛

毛を剃ったときに力が入ってしまうと、皮膚の表面が削れることで痛みを伴い、ダメージを負った皮膚は自己防衛のために皮膚を厚くしようとします。
すると、新たに生えてきた毛が出るはずの毛穴を塞いでしまい、埋没毛となるのです。

色素沈着

皮膚はダメージを受けると、大量のメラニン色素を作って皮膚を守ろうとします。カミソリで皮膚に負担がかかるような剃り方ばかりしていると、メラニン色素が増殖してしまい色素沈着を起こすことがあります。その色素沈着が、黒ずみやシミの原因になることも考えられます。

肌荒れ

カミソリで毛を剃ると皮膚の角質まで削ぎ落してしまい、ヒリヒリとした痛みやかゆみを感じることがあります。こういった状態を「カミソリ負け」と呼び、ひどくなると肌荒れや湿疹の原因となってしまうことも。

乾燥肌

カミソリで角質が削ぎ落されたまま保湿といった適切なケアをしないと、皮膚からどんどん水分が失われて肌は乾燥しがちに。乾燥肌になると肌のバリア機能が損なわれ、さらなるトラブルを招きやすくなります。

カミソリを使用する際の注意点

最近では、深剃りをするために複数の刃がついたカミソリが増えています。刃の枚数が多ければそれだけ肌へかかる力を分散することができるので、なるべく刃の枚数が多いものを使うのがおすすめです。
カミソリでムダ毛処理をする際は、まずは肌に付着している汚れや老廃物を落とすために顔や体を洗い、その後シェービングクリームやジェルなどを塗ってから処理をするようにしましょう。肌に何も付けずに剃ると、刃が滑りにくくなり皮膚に負担がかかってしまうため、から剃りはしないようにしてください。
しっかりと剃れるからといって毛の流れと逆の方向へ剃っていると、毛穴を傷つけることになってしまうので、毛の流れに沿って剃ることが大切です。処理が終わったら化粧水やボディクリームなどを塗ってしっかりと保湿しましょう。これでムダ毛処理による肌への負担がだいぶやわらぐはずです。

カミソリでのムダ毛処理は手軽にできるものですが、それだけ肌へ与えるダメージが大きいやり方です。どうしてもカミソリを使用するのであれば、きちんと注意点を守って正しく行いましょう。

お問い合わせ

初回来院は相談無料です!
お気軽にご予約してください。
専門のカウンセラーが
丁寧に対応いたします。

オンライン予約

24時間いつでもどこでも
リアルタイムで予約ができます!

マイページログイン

PAGE TOP