MENU

  1. レーザー脱毛トップ
  2. 女性のための脱毛ガイド
  3. 産毛の脱毛って難しい?

blog産毛の脱毛って難しい?

処理を怠りがちな顔の産毛や背中の産毛、つい気になる方も多いでしょう。自分では産毛に気づいていなくても、周囲が気づいていることもよくあります。産毛を脱毛して、より美しい女性を目指しましょう。

産毛脱毛の部位について

産毛とは、一般的には生まれたばかりの赤ちゃんの毛のこと。細くて弱々しい薄い毛です。
産毛が生えている部位としては、顔、背中、腰、手足の甲などがあげられます。

男性が女性を見たときに気になるパーツとして、実は顔の鼻下の産毛をあげる方が多いということをご存じでしたか? 「ヒゲ」のように産毛を生やしたままの女性には、男性も幻滅してしまうこともあるようで……。

手足の甲に生えている産毛も、何かを手渡すときなど手元を人に見せる場面に生えていることに気付き、恥ずかしい思いをしている方も多いかもしれません。

産毛脱毛をするメリット

恥ずかしい思いをしなくなる

顔の産毛や背中の産毛は、案外人に見られているもの。顔の産毛は自分で毎日処理できても、背中の産毛に自分で気付くことは難しいですね。自分では把握しづらい部位までキレイになっていると、女性としてのポイントは上がるでしょう。

肌がキレイに見える

産毛がないと、肌に光が反射しやすくなります。光が反射することによって、肌のシミや毛穴などが見えにくくなり、肌が美しく見えるようになります。

化粧ノリが良くなる

特に顔の脱毛をすることにより、ファンデーションが肌にフィットするようになります。肌も美しく見え、崩れにくいメイクに仕上げることができます。

産毛に適した脱毛方法

医療レーザー脱毛にもいくつか種類があり、産毛に適しているもの、適していないものがあります。

例えば、レーザー脱毛として高い効果が期待できるアレキサンドライトレーザーは、濃くて太い毛には効果的ですが、産毛には効果を発揮しません。薄い産毛は茶色~黄色のことが多いので、アレキサンドライトレーザーが反応しにくいのです。

産毛に向いているのは、ヤグレーザーです。ほかのレーザーよりもメラニン色素に対する反応が薄いので、広範囲の濃い毛には不向きですが、波長が長くメラニンへの反応が少ない分、ハイパワーでの照射が可能となります。

背中の場合は範囲が広いので、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを併用することもあります。

産毛脱毛における注意点

産毛が生えている部位は、ほかの部位に比べて皮膚が薄く、敏感なところが多いのが特徴。そのため、脱毛後に炎症を起こす可能性もほかの部位と比較すると高くなります。
クリニックによっては、炎症防止のためのクリームを無料で処方してくれるので、脱毛に不安がある方はアフターケアが充実したクリニックを選ぶといいでしょう。

また、脱毛後の日焼けやサウナは控えるようにしましょう。脱毛後にはかゆみや赤みが出ることがあり、その状態で高温に触れると炎症が悪化してしまいます。

気になる産毛を処理するのなら、毎日の自己処理よりも、クリニックで安全で効果的なレーザー脱毛がおすすめです。産毛に効果的なレーザーは人によっても違うので、クリニックでカウンセリングして決めましょう。

お問い合わせ

初回来院は相談無料です!
お気軽にご予約してください。
専門のカウンセラーが
丁寧に対応いたします。

オンライン予約

24時間いつでもどこでも
リアルタイムで予約ができます!

マイページログイン

PAGE TOP