MENU

  1. トップ
  2. 女性のための脱毛ガイド
  3. VIOラインのセルフ脱毛は要注意!

blogVIOラインのセルフ脱毛は要注意!

self

下着や水着を身に着けたときに気になるのが、アンダーヘア。日常的にお手入れしている方も多いのではないでしょうか? しかし、VIOはとてもデリケートな部分なので、セルフ脱毛には特に注意が必要です。ここでは、アンダーヘアの自己処理について、方法や注意点をまとめます。

Vラインのお手入れ方法

デリケートゾーンのヘアは、前から見える三角形ゾーンのVライン、性器周りのIライン、肛門周りのOラインに分かれています。とてもデリケートな部分なので、それぞれに合った処理方法をする必要があります。

Vラインのお手入れのポイントは、生えている箇所の面積を減らすことと、長さを整えること。面積を減らすには、電気シェーバーの使用がおすすめです。まずはヘアの長さをハサミやヒートカッターなどで整え、剃る部分を短くしてからシェーバーで剃っていきましょう。デリケートゾーン用のワックスや、除毛クリームを用いる方法もあります。

IラインとOラインのお手入れ方法

Vラインの自己処理を行う方は多くても、IラインとOラインまで自己処理を徹底している方は少ないようです。
性器周りと肛門周りとさらにデリケートになるので、自己処理するときはさらに慎重に処理を行う必要があります。
まずは着用予定の水着や下着を履いて、Iラインの処理すべき箇所を確認しましょう。
できるだけ皮膚に負担をかけないよう、ヘアを短くすることで対応できるのであればハサミでカットする程度がおすすめです。

どうしても剃りたい場合には、蒸しタオルを当ててヘアを柔らかくしてから、皮膚に極力負担がかからない電気シェーバーを使用しましょう。
IラインとOラインに使える脱毛ワックスや除毛クリームもあるので、そちらを検討するのも良いでしょう。

知っておきたい自己処理のリスク

デリケートゾーンの自己処理は、ワキや脚などよりもデメリットやリスクを伴います。
手軽に使えるカミソリは、カミソリ負けや色素沈着を起こす恐れがありますし、最も懸念すべきが、剃った後のかゆみです。チクチクと軽い痛みとかゆみが続き、授業や仕事に集中できないことも十分に考えられます。
処理をした後には冷水で肌を引き締め、清潔なタオルで拭いてから、ローションなどでしっかりと保湿ケアを行いましょう。

また、除毛クリームの場合も強アルカリ性の力により毛を溶かす除毛方法なので、デリケートゾーンに相当なダメージを与えることになります。デリケートゾーン向け以外の除毛クリームの使用は避けてください。

VIO自己処理の注意点

デリケートゾーンの自己処理は、リスクを伴うため慎重に行う必要がありますが、特に毛抜きを使用するのは絶対にやめましょう。
デリケートゾーンの皮膚は弱く薄く、しかし毛は太いため肌へのダメージは避けられません。太い毛を無理矢理引っこ抜くと、毛に繋がっている毛細血管を傷つけてしまい、炎症や出血が発生しやすくなります。

デリケートゾーンの自己処理は、皮膚や毛穴に大きなダメージを与えてしまいます。自分で行うのが難しい上に様々なリスクを伴うので、安全に脱毛をしてくれるクリニックでプロにお任せするのが一番です。

お問い合わせ

初回来院は相談無料です!
お気軽にご予約してください。
専門のカウンセラーが
丁寧に対応いたします。

オンライン予約

24時間いつでもどこでも
リアルタイムで予約ができます!

マイページログイン

PAGE TOP