MENU

  1. トップ
  2. 女性のための脱毛ガイド
  3. 毛孔性苔癬は脱毛で改善するかも?

blog毛孔性苔癬は脱毛で改善するかも?

二の腕や太もも、背中などにできる赤いぶつぶつ、その正体は毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)かもしれません。痛みやかゆみがなくとも、見た目上非常に気になるこの症状、なんとか改善する術はないのでしょうか?
実はこの毛孔性苔癬、レーザー脱毛によって改善するケースが報告されています。ここでは、毛孔性苔癬の原因や症状とともに、レーザーによる解決法を探ってみましょう。

痛みやかゆみはないけど気になるぶつぶつ、毛孔性苔癬って何?

「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」とは、二の腕の外側や太ももなどに小さなぶつぶつがたくさんできて、表面がザラザラとした状態になってしまう皮膚疾患。毛穴に皮脂や角質が詰まり硬化した状態で、痛みやかゆみなどは感じない場合がほとんどです。

毛孔性苔癬は二の腕や太もものほか、背中や肩、お尻などに発生しやすい傾向にあります。人によっては子どもの頃から発症しますが、特に思春期になると目立ってくることが多く、20代以降は少しずつ軽減し、30代くらいになると自然に消えて、気にならなくなるケースもあるようです。

栄養不足? 代謝異常? 毛孔性苔癬ってどうしてできるの?

毛孔性苔癬が起きる原因ははっきりと解明されていませんが、以前は特定の栄養素(ビタミンA)の不足や、ホルモン代謝の異常により発生すると考えられていました。しかし、最近の研究では、毛孔性苔癬になる理由は遺伝的要素が強いと言われています。
傷みやかゆみは無いですし、感染する心配もありませんが、女性にとって肌にぶつぶつができる毛孔性苔癬は、悩みとなっているのです。

今すぐ解消したい! 毛孔性苔癬の治療法って?

原因が特定できていない毛孔性苔癬は、その治療法も曖昧という一面があります。角質を溶かす作用を持つサリチル酸軟膏や、保湿効果の高い尿素を配合したクリームなどを患部に塗る治療が一般的となっていますが、クリームの中でも刺激が強いものもあるので、自己ケアをする際には注意が必要です。

そんな中で、毛孔性苔癬に大きな改善効果をもたらす積極的な治療法として、実はレーザー脱毛が挙げられます。脱毛すると同時に、毛穴の奥にある毛根の働きを弱め、毛孔性苔癬の症状を抑える効果が期待されているのです。

重度の病気ではないと言われても、どうしても見た目が気になる毛孔性苔癬。毛孔性苔癬の症状を抑えると同時に、ムダ毛のない美しい肌も手に入れることができれば、一石二鳥ですよね。

お問い合わせ

初回来院は相談無料です!
お気軽にご予約してください。
専門のカウンセラーが
丁寧に対応いたします。

オンライン予約

24時間いつでもどこでも
リアルタイムで予約ができます!

マイページログイン

PAGE TOP